10年が経つということ。

 | 0

東日本大震災から今日で10年が経ちます。

被災者の方々にお見舞い申し上げます。

僕にとっての10年は早かった。

当時僕は都内で外壁を張っていて、地震が起きた時東京が震源地かと思ってましたが岩手県沖が震源だと知り、

直感的にもっと大変なことになってるんじゃないかと思いました。

兄と神奈川の座間にアパートを借りてて、仕事を切り上げて帰ろうとしたのですが道路は人で埋め尽くされてて車はほとんど動くことができない状況で

ラジオからは現状と緊急地震速報が流れてて余震が起こるたびにビルが揺れるのがわかりました。これは帰れないなと思い、とりあえず食料を調達しようとコンビニを探して

見つけたのはよかったのですが真っ暗の店内には食料品はすでに無くて、店員さんに聞いてみるといつ入荷するかわからないと言われて、コンビニの前に車を止めて待ってたら

たまたますぐに食料入ってきたのでおにぎりとカップ麺を買って、少しビルの少ないようなところを選んで車中泊するという帰宅難民でした。

都内はパニックだしラジオからは東北の情報が少しずつ入ってきて信じられない状況でした。地震が起きてから嫁さんに電話を何回もしてやっと繋がったのはこのくらいの時だったと思います。

お互い安否確認して切りました。その後もガソリン不足や計画停電などで大変な毎日で。

震災の日の10日後、急に病気で嫁さんが亡くなり自分にとっては被災して大切な家族を亡くした方々の気持ち少しリンクします。

10年が経つということは事実で、人それぞれいろんな10年だったと思いますが、僕はなるべく笑顔の多い毎日をおくれたらいいなって思います。